自分に合ったDTMバンドル選び

Mboxシリーズの特徴

Pro Tools + Mbox シリーズ(バージョン9付属の新モデル)

2011年に『Pro Tools 9 Software』がバンドルされた『Pro Tools + Mbox シリーズ』3製品が登場しました。

オーディオ・インターフェイスは前パッケージとの変更はありませんが、DAWソフトはバージョン9が付属しているのでとても魅力的です。

ただし、真ん中に「 + 」を加えただけのネーミングは非常に紛らわしく、販売しているショップのなかでもLE8付属の旧モデルの『Mbox シリーズ』と区別できていないところもあるので購入を考えている方は旧モデルを購入しないように注意して下さい。

バージョン9が付属している新モデルは『Pro Tools + Mbox』ですので、必ず『Pro Tools 9』付属というのを確認して下さい。

 

他のDAWソフトでも使用可能

高品質なサウンドを実現する『Mbox シリーズ』のオーディオ・インターフェースは、他の主要DAWソフトとも互換性があるため、標準でバンドルされる『Pro Tools LE 』だけでなく『Logic』『Cubase』『Sonar』『Reason』『Record』『Live』などの音楽ソフトでも使用することができます。

Pro Tools Mboxシリーズ(LE8バンドルの旧モデル)

パーソナル・レコーディング・システム『Pro Tools Mbox シリーズ』は『Pro Tools|HD システム』を手掛けたチームがデザインしたオーディオ・インターフェイスとソフトシンセやプラグイン・エフェクトがトータルで70種以上収録されている『Pro Tools LE』のパッケージ製品です。

2010年に登場した『Mbox シリーズ』の3製品『ProTools Mbox Pro』『ProTools Mbox』『ProTools Mbox Mini』はブランド名がAvidにDigidesignから変更されただけでなくオーディオ・インターフェースの性能も大きく向上しています。デザインもブラック基調で『旧Mbox』よりも高級感が出ています。

 

 

Pro Tools + Mboxシリーズのラインナップ

Pro Tools + Mbox Pro(バージョン9付属)

Pro Tools Mbox Pro

シリーズ最上位グレードである『Pro Tools + Mbox Pro』のハードウェアはFireWire接続のオーディオ・インターフェースです。

さまざまなアナログ、デジタルI/O接続端子、24-bit/192 kHzの高解像度オーディオ・クオリティ、最大3ペアまでのモニター接続、ギター・チューナー内蔵、DSPによるリバーブ・エフェクトなどの特徴を持っています。

この『Mbox Pro』はプロフェッショナル・グレードのソフトクリップ・リミッター回路が採用されていますのでクリッピングなしでシグナルを処理してくれ、クラシックなテープ・サチュレーション・サウンドを得ることができます。

高品位DAWスタジオを作りたい方に最適な『Pro Tools + Mbox Pro』のハードウェア構成は「8 x 8 同時I/Oチャンネル」「48 Vファンタム電源&ハイパス・フィルター搭載のマイク・インプット x 4(XLR/DIコンボ x 2、XLR x 2)」「ライン・インプット(標準ジャック、TRSバランス) x 4」「Altライン・インプット(アンバランス) x2(RCA x 2+1/8インチミニ・ジャック x1)」「ライン・アウトプット(標準ジャック、TRSバランス) x6」「独立ボリューム・コントロール装備のステレオ・ヘッドフォン・アウトプット x 2」「ステレオS/PDIFデジタルI/O」「MIDIインプット x 1、MIDIアウトプット x 1」「ワードクロック I/O」「モニター・コントロール・セクション(Mono/Mute/Dim/Alt SourceおよびスピーカーA/B/Cスイッチング・コントロール装備)」「モニター専用ボリューム・ノブ」です。


 


 

Pro Tools + Mbox(バージョン9付属)

Pro Tools Mbox

24-bit/96 kHzの高解像度オーディオ・クオリティの『Pro Tools + Mbox』のオーディオ・インターフェースにはアナログだけでなくデジタルI/O接続端子が用意されています。また「MIDIインプット/アウトプット」も搭載されています。

USB 2.0バスパワーにより駆動する『Mbox』には、ギター・チューナー機能、DSPリバーブ・エフェクト、ソフトクリップ・リミッター回路などがシリーズ最上位グレードである『Mbox Pro』と同様に搭載されています。

構成は「4 x 4 同時I/Oチャンネル」「48Vファンタム電源搭載のマイク/ライン・コンボ・インプット(XLR) x2」「フロントパネル上にDIインプット x 2」「モニター・アウトプット(バランス) x 2」「ボリューム・コントロール付きのステレオ・ヘッドフォン・アウトプット x 1」「ステレオS/PDIFデジタルI/O」「モノ/Dimコントロール付モニター・コントロール・セクション」「モニター専用ボリューム・ノブ」です。


 


 

Pro Tools + Mbox Mini(バージョン9付属)

Pro Tools Mbox Mini

USBバスパワーによる抜群のモバイル性を持つ『Pro Tools + Mbox Mini』のオーディオ・インターフェースはコンパクトな自宅音楽スタジオを構築したい方に最適です。コンパクトながら最高24-bit/48 kHzのオーディオ・クオリティーです。

オーディオ・インターフェースの構成は「2 x 2 同時I/Oチャンネル」「48Vファンタム電源搭載のマイク/ライン・コンボ・インプット(XLR) x 1」「インストゥルメント・インプット x 2(DI x1、line/DI x 1)」「モニター・アウトプット(バランス)× 2」「ステレオ・ヘッドフォン・アウトプット x 1」です。


 


 

 


スポンサード リンク


スポンサード リンク